銀行は専業主婦でもカードローンの利用ができます。
夫に安定した収入があり、審査に通過すれば利用可能です。
金利が低いだけでなく、最近は審査も早いので主婦の利用も増えています。

手軽さや早さが魅力の消費者金融キャッシングも、返済時に支払う利息がどうしても高くなってしまう傾向にあります。
一部の消費者金融では無利息キャッシングを行っていますが、サービス期間を過ぎれば金利は無利息ではありません。
期間を過ぎてしまえば高い利息の支払いが待っています。
少額の借り入れに留めるなら、消費者金融の手軽さや審査は魅力です。

融資スピードが速いのは、消費者金融!

消費者金融のカードローンは審査を通るのが比較的簡単で融資スピードが速いことが特徴です。
急にお金が必要になった場合に重宝する借り入れ方法です。
もちろん主婦でも利用可能ですし、主婦だから審査ではねられることもないので安心です。
しかし、ある程度の金額の借り入れを考えている場合には、どうしても金利面がネックになります。

貸金業者は借入申込者の年収の3分の1までしか貸してはいけないことになっています。
総量規制は貸金業者に適用されるので、貸金業者ではない銀行などのカードローンは、総量規制の対象にはなっていません。
仕事を持っていない収入のない主婦でも配偶者である旦那さんに安定した収入があれば利用可能です。
銀行のカードローンであれば年収を超える金額でも申し込むことができます。
銀行のカードローンなら安心感もありますし、金利も低いのが魅力です。

「最短融資」を謳っている銀行カードローンもある?!

大きな金額を借りる際には、僅かな金利差が大きな利息負担の差となってきます。
返済を考えて借りていく場合には、やはり金利の低い銀行カードローンが良いでしょう。
最近では大手銀行のカードローンですらも来店不要、最短融資可能を前面に打ち出して利用者のニーズにこたえようとしています。
銀行も消費者金融と変わらないほどの審査時間となっているので、金利や限度額で優れた条件としながらも、急ぎの借り入れにも対応をする頼れるカードローンとして人気が高いのです。

カードローンを利用する銀行によっては、借り入れを行う銀行の口座が必要になる場合があります。
口座が必要な場合には、カードローンの申し込みをする際に一緒に申し込みを行います。