カードローンの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つがあります。
主婦がカードローンの申し込みをする場合、融資額を低く設定すれば収入証明書の提出は必要ない場合が多いです。

お金を借りようと思っていたのに、収入証明書が必要だと言われて困った経験がある人も多くいるようです。
収入証明書を会社に発行してもらうには理由を言わなければならない場合もあるようで、カードローンを申し込むからとは言いにくいです。
面倒な書類の用意をしたくないなら収入証明書不要のカードローンを選びましょう。

カードローンの申し込みには、どんな書類が必要?

カードローンの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つがあります。
本人確認書類はどこも必ず必要になる書類です。
しかし、収入証明書は必要になる場合もありますが、不要な場合もあるのです。

収入がある主婦の場合は、消費者金融でも銀行のカードローンでも利用可能です。
銀行も消費者金融も融資額が大きくなればなるほど収入証明書が必要になります。
融資額の大きさにかかわらず収入証明書が必要だというところもあるので、良く確認をして申し込みをしましょう。
お金を借りる会社によって100万、200万、300万以上と融資額によって収入証明書が必要か不要かということになるので注意が必要です。
いくらから必要になるのかは申し込み前にしっかりと調べておく必要があります。

専業主婦の場合には、収入がないので旦那さんの収入証明書が必要になってくるところが多いです。
ほとんどの銀行では必ず提出しなければならないです。
ただ、銀行であっても収入証明書が必要でないところもあるので、書類の準備が難しいなら、必要のないところを選びましょう。

収入証明書を提出したくない場合は、申し込みできない?!

家族にバレたくない、収入証明書を提出したくないのであれば融資額を低く設定するのも一つの方法です。
収入証明書が必要なければそろえるものは最低限で済みます。
運転免許証や保険証やパスポートなどの本人確認書類だけ用意するだけなので、とても手続きが簡単です。

収入証明書を提示する場合、金融会社によっては申し込みをするときの新しい給与明細書は2カ月分必要であると言ってくるところがあります。
書類によっていつまで発行したものだけ適用できると決められているので申し込みをしたいカードローンがどのようになっているのか確認をしてきましょう。