パート・アルバイトをしている主婦の方は、旦那さんにもバレにくい消費者金融か、銀行カードローンどちらでも利用することが可能です。
旦那さんの勤務先への電話による在籍確認もありません。

クレジットカードで買い物をする人が増えていますが、現金を支払わないのでつい無駄な買い物をしがちです。
買い物をしすぎてしまった、支払い額が多すぎると、クレジットカードの支払いができないなどで主婦でもアルバイトやパートなので一定の収入がある人は消費者金融のカードローン利用が可能です。

困った時に便利な消費者金融のカードローン!

無駄遣いをしていることを旦那さんに知られたくないが、お金をどうにか工面しなくてはならないという場合には、消費者金融のカードローンが便利です。
誰にもばれずにカードローンの申し込みが可能ですし、利用がばれることは絶対にありません。
消費者金融に関しては、総量規制があるため、借入限度額が制限されるので、借入の合計が年収の3分の1を超えてはいけない決まりになっています。
そのため、高額な融資は受けられません。

銀行の場合も消費者金融の場合もカードローンの申し込みを行えば、審査が行われます。
本当にこの人にお金を融資しても大丈夫なのか、返済能力はあるのだろうかなどが調べられます。
このとき、申し込みに不備があると信用が低下し、審査で落ちてしまいますので決して嘘を書かないようにしましょう。

審査では在籍確認が行われます。
専業主婦の場合、旦那さんの収入が安定していることが条件になるので旦那さんの職場へ電話で在籍確認が行われる場合があります。
電話連絡は、貸金業者の名前では無く、個人名で電話するのですが、心当たりのない人から電話が来ると「おかしいな?」と疑われるきっかけになってしまいます。
もし、旦那さんの勤務先への在籍確認が必要だと言われたら、カードローンの申し込みを断りましょう。
カードローンのことを秘密にしたいのであれば、在籍確認が必要のないキャッシング会社を探して申し込みを行いましょう。

また、審査に通った場合、ローンカードなどの郵送物が自宅に届きます。
郵送で契約書やローンカードを受け取る場合は、時間指定配達サービスを行っている業者を選びましょう。