主婦であってもアルバイトやパートで収入があるという条件を申し込み基準をクリアしていても、審査基準によっては落とされてしまうローンカードも存在します。
審査基準を十分に把握してから申し込みましょう。

カードローンでお金を借りるにあたっては、まずは消費者金融でも銀行でも審査を受ける必要があります。
申し込みをして審査を受け、基準をクリア出来れば契約をし、お金が借りられるようになります。
当然ですが、審査の基準をクリア出来なければカードローンの利用はできず、いくら低金利で好条件のカードローンであるとしても、審査基準をクリアできないと何の意味もありません。

金利や限度額、審査時間にばかり目が行ってしまいがちですが、審査に落ちたくないのであれば審査基準をしっかりと理解して無駄な申し込みをしないようにしたいものです。

審査の明確な基準はあるの?

どのカードローンも審査基準については明確にはしていません。
審査基準を明確に提示しているところはないのです。
ただ、これまでの傾向からある程度は審査基準を予測することは可能です。
カードローンに申し込んだ人たちの審査結果を出しているサイトもあります。
そのようなサイトを参考にすれば、どのカードローンがどのような人をターゲットにしているのか、どのような属性の人が審査に通りやすいかが判明してきます。
申し込み条件では不可とされていないとしても、見当違いとも言えるようなカードローンの申し込みをしても無駄となります。
審査基準の予測を立て、自身の状況に適している借り入れ先であるかの判断をするようにしなければなりません。
高望みばかりをしていても審査基準をクリアすることはできません。
審査に通りやすいカードローンを見つけることが大切です。

審査で重要となるのが雇用形態です。
申し込み条件だけ見ればほとんどのカードローンで主婦でもパートやアルバイトなど収入があれば可能としています。
しかし、申し込み自体は可能だが、あまり収入の高くない場合、申し込んでも審査で落とされてしまうカードローンも存在するのです。
主婦の人でアルバイトやパートなどで収入が低い場合には消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向があるようです。